住まい革命 不動産物件をデータベース化 広告経費を大幅カット デザイン・仕様のカスタマイズ自由 トップページ
システム概要 サンプル画面 利用者の声 費用・環境 お申し込み

インターネットの上手い活用法教えます!

 インターネットはよく解らないけど、ネットをはじめたいという方にこれだけは最低知っておきたい情報を集めてみました。もちろん、ホームページを持っててアクセスに伸び悩んでいる不動産会社様にもお役立ていただける情報なのでお時間のある時にご覧頂ければ幸いです。

ホームページは店舗やチラシと同じ
 ホームページを魔法のランプと錯覚していることはありませんか?店舗を例に挙げてみましょう。ある日、新店舗オープンが決まったとします。通常ならお店を地元の住民に知ってもらう為にチラシを制作し新聞屋などに折込広告として配達を依頼するかと思います。ホームページも同様で、開設したらまずは自社ホームページを知ってもらう必要があります。

自社ホームページを知ってもらうには・・・
 ホームページを知ってもらうには様々な方法がありますが、できるだけお金を掛けずに知ってもらう方法を集めてみました。
・無料の検索エンジンに登録する
・名刺やチラシにアドレスを入れる
・住宅ポータルサイトのリンクや相互リンクを増やす

地元のポータルサイトに自社取扱物件を掲載してもらおう!
 地元のポータルサイトに自社物件を掲載してもらうというのは、非現実的な話かもしれないが中には情報を提供して欲しいポータルサイトなどもあるのでこれに関しては、ポータルサイトの管理者に直談判してみるのもいいかもしれません。(参考例:『 住まい革命 』と連動しているポータルサイト

自社ホームページに個性を持とう!
 『当社は、売買から賃貸までなんでもお手伝いします!』というキャッチフレーズをよく耳にしますが、これはかえって抽象的過ぎて逆効果です。例えば『 弊社は、横浜市○○区の賃貸物件ならお任せください。 』 など自分の得意分野(個性)を表現する方が、お客様に良い印象を与えます。

物件を毎日更新してリピーターを増やそう!
 ホームページのアクセスのうち半分以上がリピーターからのアクセスだと言われています。ネットユーザーはそれだけより新鮮な情報を求めています。
 ホームページに掲載している物件情報を毎日更新しましょうとは言っても現実的に売買専門の業者は毎日更新するほど物件の数が多くないはず。更新頻度の少ない物件の場合は、最低2週間に1回などの目安を立てて定期的に更新することをおすすめします。
 賃貸物件なら、是非とも毎日更新してもらいたいもの。ただ、毎日100件200件も更新は出来ないはず。そういった大量物件を更新するツールなどは多く出回っているので一度御社に導入してみてはいかがでしょうか?(参考例: 『 住まい革命 』


上記に関わるいかなる不利益につきましても、弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。


  事業者概要|新着情報|専用サーバー共用サーバー
Copyright 2003. Bukken-mansai Inc. All rights reserved.